検索

キーワード検索

閉じる

緊急情報

緊急情報

現在、情報はありません。

トップページ > 子育て・教育 > 保育園・保育サービス > 認証保育所・家庭福祉員 > 認証保育所 > 調布市一時預かり事業・定期利用保育事業利用料助成事業

ページ番号:1160

掲載開始日:2022年12月12日更新日:2022年12月12日

ここから本文です。

調布市一時預かり事業・定期利用保育事業利用料助成事業

制度内容

調布市では、都単独型一時預かり事業及び定期利用保育事業を利用するご家庭の保育料の負担を軽減するため、利用料助成事業を実施しています。

助成対象者

対象施設を利用する児童の保護者で、次のすべてにあてはまる方が対象になります。

  1. 市内に住所を有している
  2. 保育の必要性の認定を受けている(受けていない場合は、事前に申請が必要です。提出書類については「幼児教育・無償化」の保育の必要性及び確認書類をご参照ください。)
  3. 児童が3歳から5歳まで(注)である
  4. 児童が0歳から2歳まで(注)の場合は、市民税非課税世帯である
    (注)4月1日時点での年齢になります。

保育の必要性の認定申請必要書類について

「幼児教育・無償化」の保育の必要性及び確認書類をご確認ください。

助成額

  1. 児童が3歳から5歳まで 月額37,000円まで
  2. 児童が0歳から2歳までの非課税世帯 月額42,000円まで

(注)国の無償化対象となる事業と併せて利用する場合は、37,000円(42,000円)から、その額を差し引いた額まで補助となります。

(例)3歳から5歳児が、病児保育事業を利用し、その利用料の10,000円が無償化となった場合27,000円(37,000円-10,000円)まで補助となります。

申請から支払いまでの流れ

  1. 助成申請書の配布場所について
    市役所3階保育課窓口(以下の「ダウンロード」でもご利用いただけます)。
  2. 助成申請書の提出について
    「申請書」及び「支払済証明書」を市に直接ご提出ください。
  3. 提出期限
    翌年度4月15日までに申請をお願いします。
  4. 助成額の決定
    申請書等を審査の上、助成額を決定し、市から保護者あてに通知します。
  5. 助成金のお支払い
    助成額の決定後、保護者指定の銀行口座に振り込みます。
    なお、翌年度5月下旬に振り込みを予定しています。

対象施設

都単独型一時預かり事業及び定期利用保育事業を実施している施設で、国の無償化の対象外となっている施設が対象となります。

  1. 調布市内の都単独型一時預かり事業について
    対象施設はありません。
  2. 調布市内の定期利用保育事業について
    「エンゼルシー」・「パイオニアキッズちょうふ園」が対象となります。

(注)調布市外の対象施設について
対象施設の所在している区市町村に、「東京都一時預かり事業・定期利用保育事業実施要綱」に基づく事業を実施している施設かどうかお問い合わせください。

関連リンク

幼児教育・保育の無償化

ダウンロード

このページに関するお問い合わせ

調布市子ども生活部保育課 

電話番号:042-481-7132から7134・7758

ファックス番号:042-499-6101