検索

キーワード検索

閉じる

緊急情報

緊急情報

現在、情報はありません。

トップページ > 観光・文化・スポーツ > オリンピック・パラリンピックに関する取り組み > スポーツ・健康づくり > 東京2020公認プログラム「調布サマーフェスティバル2017」が開催される

ページ番号:2296

掲載開始日:2017年7月27日更新日:2017年7月27日

ここから本文です。

東京2020公認プログラム「調布サマーフェスティバル2017」が開催される

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催から3年前

平成29年7月24日(月曜日)が東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催から3年前であることから、多摩川河川敷でカウントダウンイベントとして「調布サマーフェスティバル2017」を開催しました。

このイベントでは、調布市で行われるオリンピック競技を中心にさまざまな競技の体験や、ディスゲッターナインなどのアトラクションを行いました。各競技などを体験してスタンプを集めるとプレゼントがもらえるスタンプラリーも併せて行いました。

たくさんの人で賑わう会場の様子の写真 たくさんの親子がくつろいでいる様子の写真

受付の様子の写真 スタンプラリーの様子の写真

近代五種の一つ、フェンシングでは、体験だけでなく選手によるデモンストレーションが行われ、珍しさに多くの人が見入っていました。

フェンシング選手によるデモンストレーションの写真 フェンシング体験をする子どもの写真

エアガンによる射撃体験や、おもしろ自転車の体験、プロ選手が使う練習用自転車の体験などにもたくさんの子どもたちが参加し、「楽しい」と声を上げて喜ぶ様子が見られました。

エアガンによる射撃体験の様子の写真 おもしろ自転車に乗る子どもたちの写真

プロ選手が使用するトレーニング用自転車の体験をする子どもの写真 ラグビー体験をする子どもの写真

また、国際交流ブースでは、マレーシアからの留学生によるマレーシアの太鼓(コンパン)の演奏や、民族衣装の試着が行われ、試着をした子どもたちは嬉しそうに笑顔を見せていました。

夕方になって薄暗くなっても、会場はたくさんの人で賑わい、特にメリーゴーランドは人気で、順番を待つ人の長い列ができていました。

民族衣装を着て笑顔を見せる留学生と子どもたちの写真 コンパンを演奏する留学生たちの写真

民族衣装を着て嬉しそうに笑顔を見せる親子の写真 赤い花火が開く様子の写真 勢いよく開く花火の写真

ライトアップされたメリーゴーランドが夕闇に浮かび上がる様子の写真 花火が上がる様子の写真

イベントのフィナーレには約80発の花火が打ち上げられ、オリンピック・パラリンピック競技大会開催3年前を盛り上げました。

参加した方からは、「近代五種の体験やメリーゴーランドなど、他のイベントではないような催しがあって楽しかった。」「いつもの花火大会ではみられない打ち上げの様子が見られて面白かった」といった声がありました。

関連動画

調布市動画ライブラリー「調布の魅力再発見!調布サマーフェスティバル2017」(youtubeサイトへ)(外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

調布市行政経営部広報課 

電話番号:042-481-7301・7302

ファクス番号:042-489-6411